投稿日:2023年6月29日

知っておこう!地中線工事の施工方式3種

こんにちは!愛知県海部郡の拠点を中心に、地中線工事や変電所内での一般土木工事を行う株式会社後藤土木です。
地中線工事は道路の下などに送電ケーブルを埋設する工事であり、道路から電柱をなくす無電柱化を実施する際に行われます。
他にも住宅の門やカーポート、照明、該当などにも用いられており、埋設を行う場所にあわせて適切な施工を行っているのです。
今回は地中線工事について3種の施工方式をご紹介いたします。

直接埋設式

案内をする女性
直接埋設式は地面の中にケーブルを直接埋める(通す)方式です。
ケーブルは損傷を避けるため、U字型の構造物やコンクリートで箱状にして収めたり、堅ろうな板で保護したりして埋設します。
路面から埋設物の上面までの深さは、圧力を受ける場所は1.2m以上、その他の場所は0.6m以上と電気設備基準による規定があるのです。
直接埋設式は他の方式より工事費が安く、工期も短いメリットがあります。

管路式

管路式は鉄筋コンクリート管・鋼管・硬質ビニル管・可とう電線管などを地中に埋設し、200~400m程度ごとにマンホールを設けケーブルを通す方式です。
ケーブルの本数が多いときや、交通事情などから掘削工事を繰り返し行えない場所などに行います。
管路式は増設・撤去に伴うケーブルの引き入れ・引き抜きが容易であり、比較的外傷を受けにくい点が特徴です。
一方、工事費が大きく熱放射が悪いため、送電容量や管路の曲がりを制限されることもあります。

暗渠式

暗渠式は、地下にとう道や共同溝を整備しケーブルを納める方式です。
ケーブルの本数が多い変電所の引出口や、ケーブルの増設が多い場所に行います。
地下に埋設する暗渠は、人が作業できる大きさの密閉空間であり、電話・ガス・上下水道を同一共同溝に収めて利用することもあります。
ケーブルの増設・撤去・点検が容易であり、熱放射が良くケーブルの本数が多い場合に良いとされる反面、工事費が高く工期も長い欠点があるのです。

【求人】後藤土木では新規スタッフを募集中!

パズルピース
ただいま弊社では、業務拡大に向けて土木作業員を募集しています。
弊社は代表をはじめ経験豊富なスタッフが在籍しており、確かな技術で高品質な施工をご提供することが可能です。
入社後は名古屋市など県内や岐阜・三重県など近隣県で活動していただきます。
業務は先輩スタッフが丁寧に指導するため、不明な点も理解でき、資格取得を目指す方もサポートします。
弊社の業務に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

土木工事は愛知県海部郡の株式会社後藤土木へ|スタッフ求人中
株式会社後藤土木
〒490-1144 愛知県海部郡大治町大字西條字松下56
TEL:052-442-8000 FAX:052-443-2056
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする


関連記事

知っていってください、株式会社後藤土木のこと

知っていってください、株式会社後藤土木の…

今回は、私たちについてご紹介します。 私たちにできること 株式会社後藤土木は、愛知県海部郡に拠点を構 …

新しい現場に取り掛かりました!

新しい現場に取り掛かりました!

愛知県海部郡を拠点に活動する株式会社後藤土木です。 今週から新しい現場に取り掛かりました。 名古屋市 …

今週も飯田の現場です

今週も飯田の現場です

今日は、シートパイルの切断作業です。 色々な作業があるので、様々な経験が出来ます。 チームみんなのお …

お問い合わせ  採用情報